本文へ移動

高次脳機能障害

 

様々な原因で脳に損傷を受け、その後遺症として高次脳機能障害が残った方に対しての相談、支援を行います。
 
高次脳機能障害は
脳外傷、脳血管障害(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞など)、脳腫瘍、後天的に脳に損傷を受けた場合に残存している可能性があります。
 
退院後の地域生活全般の相談や日常生活、福祉サービス、経済保護、家族支援、困り事などご相談下さい

18歳未満の高次脳機能障害児の方には

・自宅での対応方法や環境調整
・学校での様子、課題、教師との面談同行、障害についての説明や話し合い、進学、進路について。
 ・高次脳機能障害について理解を深め、様々な相談、支援を行います
0
4
4
5
6
2
TOPへ戻る